LINEで送る
Pocket

Sam Smithが久々にポップシーンに復帰

sam-smith-too-good-at-goodbyes

Sam Smithが久々にYouTubeに新曲を発表した。

 

新曲のタイトルはToo Good At Goodbyes。

「さよならするのが上手すぎる」という意味だ。

 

ポップシーンのインターナショナル化が進んで久しいが、Sam Smithは伝統的なUKっぽい雰囲気を漂わせている数少ないシンガー。

Adeleに影響を受けたと本人も公言している通り、アコースティックで重厚なサウンドは健在だ。

スポンサーリンク

Too Good At Goodbyesの音源と歌詞はここから

 

僕がバカだって 君はきっと思ってる
僕がバカなヤツだって 君はきっと思ってる
僕にとってはこんなこと初めてなんだって
君はきっと思ってる
でも 全部 前に見てきたんだ

 

君をそばに抱き寄せることはしない
たとえ君が僕のすべてだとしても
心を開けば いつも傷つくから
だから君のそばに寄りすぎることはしない
たとえ僕が君のすべてだとしても
君が僕をゴミの中に置き去りにしないように*1

1: 悲しい歌がSam Smithのデフォ。

 

傷つけられるたびに だんだん涙が出なくなる
見放されるたびに すぐに涙が乾くようになる
捨てられるたびに 愛が消えていく
ベイビー 僕たちもう終わりだね
悲しいけれど本当のことだ

 

さよならに慣れすぎた
さよならに慣れすぎた
さよならに慣れすぎた
さよならに慣れすぎた

 

僕は心がないと 君は思ってるだろう
僕が冷たいヤツだって 君は思ってるだろう
純粋な心を守ってるだけなんだ
この魂を守ってるだけなんだ

 

君をそばに抱き寄せることはしない
たとえ君が僕のすべてだとしても
心を開けば いつも傷つくから
だから君のそばに寄りすぎることはしない
たとえ僕が君のすべてだとしても
君が僕をゴミの中に置き去りにしないように

 

傷つけられるたびに だんだん涙が出なくなる
見放されるたびに すぐに涙が乾くようになる
捨てられるたびに 愛が消えていく
ベイビー 僕たちもう終わりだね
悲しいけれど本当のことだ

 

さよならに慣れすぎた
さよならに慣れすぎた
さよならに慣れすぎた
さよならに慣れすぎた
さよならに慣れすぎた
さよならに慣れすぎた
さよならに慣れすぎた
さよならに慣れすぎた

 

ああ
さよならに慣れすぎた
ああ
さよならに慣れすぎた
君に僕が泣いてるところを見せるなんてありえない
ああ
さよならに慣れすぎた

 

傷つけられるたびに だんだん涙が出なくなる
見放されるたびに すぐに涙が乾くようになる
捨てられるたびに 愛が消えていく
ベイビー 僕たちもう終わりだね
悲しいけれど本当のことだ

スポンサーリンク

どうしても刺激が足りない君へ

shutterstock_171842696

ちなみに、筆者が良い音で音楽を聴きたいときに絶対に欠かすことのできない「あるモノ」がある。

壊れそうなほど強烈な快感と圧倒的なエクスタシーを感じてSam Smithでイキたいなら、やっぱりこれしかない。

ちなみにSONGTREEで紹介している楽曲はすべてApple Musicで聴くことができます。

スポンサーリンク

ちなみに筆者はこんな人

Takayuki Kusanagi

ブログの他にもいろいろやってるインターネット活動家

Letters
┗読んだ本の感想など中心のはてなブログ

Instagram
┗最終的にすっぽんをさらけ出すことを目標に更新中

Twitter
┗更新情報など流してます

YouTube
┗カバー動画などアップしてます

 

スポンサーリンク

Sam Smith – Too Good At Goodbyes 歌詞を和訳してみた
LINEで送る
Pocket