LINEで送る
Pocket

Celine Dionが歌う1990年代の愛の理想とは

celine-dion-to-love-you-more

90年代の愛の理想を1曲に集約するとしたら、Celine DionのTo Love You Moreだろう。

I’ll be waiting for you(あなたを待ってるわ)

というサビの一節は、男性が遠くにいて、それをじっと待つ女性像が描かれている。

 

90年代って、こんな感じだったっけ?

日本で言うところの一種の昭和感がこの曲には漂う。

今聴くと、ちょっと歌詞は重いかも知れない。Celine Dionみたいな女性が彼女だったら、2015年の男たちはそう感じるはずだ。

Taylor SwiftもBlank Spaceという曲の中で「あんたも元彼リストに入るわよ」と歌っているわけだし、2010年代の女子たちは強いのだ。

 

何はともあれ、90年代の恋愛観について伺い知るには最高の1曲だろう。

今夜、君にこの曲を捧げたい。

スポンサーリンク

音源と歌詞はここから

 

あたしの大好きな腕の中へ
昔みたいにあたしを求めて
もう一度触れて
そして思い出してね
あたしのことを一番欲しがってたじゃない
行かないで 心が壊れてしまうから
彼女なんかじゃあたしみたいには愛せないわね
あたしはたったひとりの恋人よ
彼女が去って行っても
ここでずっと待っててあげる

 

あなたを待ってるわ
ここで この心の中で
あなたをもっと愛せるのは あたししかいない
いずれわかるでしょう
あなたにとってあたしがすべてだって
あなたをもっと愛せるのは あたしだけなんだから

 

あたしと会うときは初めてみたいな気分でね
もう離さないつもりで抱きしめて
ただ信じてくれればいいの
あなたに見せてあげる
心から知りたいと思うすべてのことを

 

あなたを待ってるわ
ここで この心の中で
あなたをもっと愛せるのは あたししかいない
いずれわかるでしょう
あなたにとってあたしがすべてだって
あなたをもっと愛せるのは あたしだけなんだから

 

どうにかして すべての恋は救うことができる
どれだけ時間がかかっても 道はあるはずよ

 

あなたを待ってるわ
ここで この心の中で
あなたをもっと愛せるのは あたししかいない
いずれわかるでしょう
あなたにとってあたしがすべてだって
あなたをもっと愛せるのは あたしだけなんだから

スポンサーリンク

全アルバムをぶっ通しで聴いてみた

ところで、俺は最近Celine Dionのデビュー作から最新作までをぶっ通しで聴くということをやってみた。

キャリアの長いアーティストのアルバムを順番に聴くと、進化の過程がよくわかって面白いので、おすすめだ。

かいつまんでCelineの全盛期を感じたいなら、1996年の”Falling Into You”と、1997年の”Let’s Talk About Love”を聴いておけば間違いない。

Celine Dion / Falling Into You (輸入盤CD)(セリーヌ・ディオン)

価格:1,890円
(2015/12/9 15:41時点)

Celine Dion / Let’s Talk About Love (輸入盤CD)(セリーヌ・ディオン)

価格:1,890円
(2015/12/9 15:41時点)

ちなみにSONGTREEで紹介している楽曲はすべてApple Musicで聴くことができます。

スポンサーリンク

ちなみに筆者はこんな人

Takayuki Kusanagi

ブログの他にもいろいろやってるインターネット活動家

Letters
┗読んだ本の感想など中心のはてなブログ

Instagram
┗最終的にすっぽんをさらけ出すことを目標に更新中

Twitter
┗更新情報など流してます

YouTube
┗カバー動画などアップしてます

 

スポンサーリンク

Celine Dion – To Love You More 歌詞の和訳と意味を解説してみた
LINEで送る
Pocket