LINEで送る
Pocket

Aviciiが放つ父と子の男の約束とは

avicii

フォーク的な感覚を織り交ぜたEDMで革命を巻き起こしているAvicii。クラブ内をそのまま描写するような、ひたすらに都会的なトラックをリリースしているDavid GuettaなどのDJに対して、Aviciiは歌詞の面でもやはり他のDJたちとは一線を置いている。

The Nightsで描かれているのは、クラブ内でのセクシーな恋愛沙汰でもなく、去っていった恋人へのピュアな想いでもなく、父と子の男の約束だ。

人はいつか死ぬ。だから、今を精一杯生きよう。人類60億全員に共通する壮大なメッセージを、軽快なEDMトラックに乗せて放つAviciiに、男の俺でも惚れそうだ。

スポンサーリンク

The Nightsの音源と歌詞はここから

そう 小さいころの話だ
あらゆる影が消えて
動物たちが飛び出してくるとき

そう 恐怖と向き合うときに
涙を流して 学んだんだ
決して色褪せない思い出を作ったんだ

ある日 父さんは言った
「忘れるんじゃないぞ」
僕を抱きしめて こう言った

「大きくなったら
きっとお前の中の野生の心が 今日のことを思い出す
不安になったら 父さんのことを思い出せ」

父さんは言った
「いつかお前もこの世を去るときが来る
だから 記憶に残る人生を送りなさい」
僕はまだ子どもだったけど 父さんはそう言った
忘れられない夜のこと
父さんは言ったんだ

雷雲がやってきて どしゃ降りの雨を降らすとき
決して消えない火を灯す
輝く星々に名前を刻むんだ

父さんは言った
「海の向こうへ 冒険をするんだ
人生をあきらめちゃいけない
お前がどこにいようと
父さんが帰るべきところへ導いてやるから」

ある日 父さんは言った
「忘れるんじゃないぞ」
僕を抱きしめて こう言った

「大きくなったら
きっとお前の中の野生の心が 今日のことを思い出す
不安になったら 父さんのことを思い出せ」

父さんは言った
「いつかお前もこの世を去るときが来る
だから 記憶に残る人生を送りなさい」
僕はまだ子どもだったけど 父さんはそう言った
忘れられない夜のこと
父さんは言ったんだ

忘れられない夜のこと
父さんは言ったんだ
父さんは言ったんだ

スポンサーリンク

どうしても刺激が足りない君へ

shutterstock_171842696

ちなみに、筆者が良い音で音楽を聴きたいときに絶対に欠かすことのできない「あるモノ」がある。

壊れそうなほど強烈な快感と圧倒的なエクスタシーを感じてAviciiでイキたいなら、やっぱりこれしかない。

スポンサーリンク

ちなみに筆者はこんな人

ユーリ

ブログの他にもいろいろやってるインターネット活動家

Instagram
┗最終的にすっぽんをさらけ出すことを目標に更新中

Twitter
┗こっそり更新情報など流してます

YouTubeではJ-POPの歌詞について語る動画をアップしてます

 

スポンサーリンク

Avicii – The Nights 歌詞 和訳
LINEで送る
Pocket