LINEで送る
Pocket

Pentatonixが歌う、愛することへの「慣れ」とは

pentatonix-cant-sleep-love

人間に備わった最大の能力は慣れることではないだろうか?良くも悪くも、人間は慣れる動物なのである。

愛に満ち溢れた生活を送ることは、人間にとって最大の幸福だ。しかし、人間はそんな幸福な生活にも次第に慣れてしまう。

Pentatonixが歌うCan’t Sleep Loveでは、眠れなくなるほどの愛への渇望が叫ばれている。

愛しても愛されても満ち足りない。僕たちはこの街の中で、いつだって愛に飢えている。

午後のカフェタイムのようなサウンド

cafe

サウンド的には、Todd Rundgrenあたりを彷彿とさせる午後のカフェタイムが似合いそうなおしゃれさがある。

木漏れ日とカーテンを揺らすそよ風に吹かれながら、暖かい声の世界にすべり落ちてみよう。

スポンサーリンク

音源と歌詞はここから

 

教えてくれ 俺は狂ってるのかな?(うん、うん)
教えてくれ 俺は理性を失ってるのかな?(そう)
俺はただ愛することが怖いだけなのかな?(うん、うん)
それとも 俺は愛にふさわしくないのかな?(そう)

 

月明かりの中でキスして レイトショーの映画を見る
もういいよ(うん、うん)
行ったこともあるし やったこともある
楽しいフリをしても 心の中はつまらないんだ
誰か俺の心の目を覚まして 火をつけてほしい
魂に着火してほしい そう(うん、うん)
もうやっていられないから(そう)

 

眠れないような愛をください(眠れないような)
眠れないような愛がほしい(眠れないような)
一日中夢見てしまうような
一晩中起きていてしまうような
眠れないような愛をください(そう)

 

多分 俺は選り好みしすぎなのかも ハニー(うん、うん)
だけど 君のいる世界に俺はいない
金のためじゃないんだ
俺はここで本物の愛を探しているんだよ

 

月明かりの中でキスして レイトショーの映画を見る
もういいよ(うん、うん)
行ったこともあるし やったこともある
楽しいフリをしても 心の中はつまらないんだ
誰か俺の心の目を覚まして 火をつけてほしい
魂に着火してほしい そう(うん、うん)
もうやっていられないから(そう)

 

眠れないような愛をください(眠れないような)
眠れないような愛がほしい(眠れないような)
一日中夢見てしまうような
一晩中起きていてしまうような
眠れないような愛をください(そう)

 

夢見ることにも疲れたよ 俺は誰なんだ(疲れたよ)
誰かが隣にいてほしい(俺は疲れた!)
誰かを愛そうとしているのに(愛そうとしているのに)
もうやっていられないから(そう)

 

眠れないような愛をください(眠れないような)
眠れないような愛がほしい(眠れないような)
一日中夢見てしまうような
一晩中起きていてしまうような
眠れないような愛をください(そう)

スポンサーリンク

和訳のポイント

pentatonix

The kind I dream aboutという一節があるが、この文は元々I dream about the kindという文だったと考えてほしい。

そのthe kindがそのまま文頭に来て、The kind I dream aboutである。

ここでaboutをなくしてThe kind I dreamとしてしまうのはNGだ。前置詞があって成立していた文の前置詞を省略することはできないので、覚えておこう。

どうしても刺激が足りない君へ

shutterstock_171842696

ちなみに、筆者が良い音で音楽を聴きたいときに絶対に欠かすことのできない「あるモノ」がある。

壊れそうなほど強烈な快感と圧倒的なエクスタシーを感じてPentatonixでイキたいなら、やっぱりこれしかない。

ちなみにSONGTREEで紹介している楽曲はすべてApple Musicで聴くことができます。

スポンサーリンク

ちなみに筆者はこんな人

ユーリ

ブログの他にもいろいろやってるインターネット活動家

Instagram
┗最終的にすっぽんをさらけ出すことを目標に更新中

Twitter
┗こっそり更新情報など流してます

YouTube
┗こっちではJ-POPについて語ってる動画などアゲてます

 

スポンサーリンク

Pentatonix – Can’t Sleep Love 歌詞を和訳してみた
LINEで送る
Pocket