LINEで送る
Pocket

James Arthurがにわかに盛り上がっている件について

james-arthur-sermon

James Arthurが盛り上がってきている気がする。

この前SONGTREEでも紹介した通り、James Arthurは人気オーディション番組X Factor出身のシンガーだ。

 

マイナー調のギターサウンドが秋って感じで相当カッコいい。

急に寒くなった今日みたいな日にはこんな曲がよく似合う。

スポンサーリンク

Sermon ft. Shotty Horrohの音源と歌詞はここから

 

1.謝ることないよ
自分の罪を償おうとすることもない
信仰の告白をすることなんて求めない
話す必要すらないんだ

1: キリスト教文化の欧米ならではの歌詞。

 

君は満ち足りた存在だって感じてほしいんだ
俺にはわかる 君は愛される価値がある
間違いなく 君こそが俺が求める人

 

これが俺の言葉
これが俺の声
これが俺の祈り
君の心をください
君の痛みをください
君の重荷をください
君がくれるものなら何でも受け取るよ
君がしたことならすべて許すよ
これが俺の言葉
これが俺の声
これが俺の祈り
2.祈り そう、祈りなんだ
祈り そう、祈りなんだ

2: sermonは教会で行われるありがたい「説教」を意味する。でも日本人的には「説教」というとうざい先生が生徒にする「お説教」をイメージしてしまう。James Arthurはこの曲の中で宗教的なイメージを何度も引き合いに出している。つまり、Jamesは自分の言葉が宗教的な意味を持っていることを伝えたいということだ。以上のことからSONGTREEではsermonを「祈り」と和訳した。これなら日本人にもイメージしやすいはず。

 

3.このワインを水に変えるときだ
この黄金を鉛に変えるときだ
当たり前だと思うことをやめるときだ
この人生をかけて 家族を養わなきゃな

3: キリスト教の洗礼にはブドウ酒を使う。このあたりにも宗教的なニオイがする。

 

君は満ち足りた存在だって感じてほしいんだ
俺にはわかる 君は愛される価値がある
間違いなく 君こそが俺が求める人

 

これが俺の言葉
これが俺の声
これが俺の祈り
君の心をください
君の痛みをください
君の重荷をください
君がくれるものなら何でも受け取るよ
君がしたことならすべて許すよ
これが俺の言葉
これが俺の声
これが俺の祈り
祈り そう、祈りなんだ
祈り そう、祈りなんだ

 

4.聖職者たちが教会で何をやってるか まったく知らないよ
ページをパラパラめくっても本を読んだことはない
賛美歌を歌おうとしても最初から思い出せない
罪を告白しようとしても どう言葉にしていいのかわからない
でもこれは初めて俺が没頭できた祈りなんだ
瞑想することで 痛みをどうにかできたらいいな
直さなきゃいけない この頭の中で壊れたものを
冗談じゃない 俺は頭が狂ってるんだ

4: 日曜日に教会でミサ、というとおしゃれなものをイメージしてしまうが実際は退屈なものと捉えている人が多いようだ。

 

このページにいくつか言葉を書くよ ただ君に届きたい一心で
でも多分捨ててしまうだろう
何を言えばいいかわからないから
弱ったな でも勇気を出さなきゃ
5.自由に見えても カゴの中に閉じ込められてるんだ
このまま過去について考えることを続けるのか
もっとうまくやれたんじゃないかって
俺は未来から囁いてるのか
そしてプレッシャーに押さえつけられてるのか
それとも前に進んで この人生のチャンスを掴むのか
暗闇と向き合うことで光の中に立てるような

5: 意外とカタい歌詞が続く。

 

君が俺に愛を感じるときは
俺は本当に恵まれてるって思うよ
でもときには暗闇と向き合うときが来る
再び光に足を踏み入れるために

 

これが俺の言葉
これが俺の声
これが俺の祈り
君の心をください
君の痛みをください
君の重荷をください
君がくれるものなら何でも受け取るよ
君がしたことならすべて許すよ
これが俺の言葉
これが俺の声
これが俺の祈り
祈り そう、祈りなんだ
祈り そう、祈りなんだ

ちなみにSONGTREEで紹介している楽曲はすべてApple Musicで聴くことができます。

スポンサーリンク

ちなみに筆者はこんな人

ユーリ

ブログの他にもいろいろやってるインターネット活動家

Instagram
┗最終的にすっぽんをさらけ出すことを目標に更新中

Twitter
┗こっそり更新情報など流してます

YouTube
┗こっちではJ-POPについて語ってる動画などアゲてます

 

スポンサーリンク

James Arthur – Sermon 歌詞を和訳してみた
LINEで送る
Pocket