LINEで送る
Pocket

Bon Joviが放つ美しき化石サウンドとは

bon-jovi-this-house-is-not-for-sale

アメリカを代表するロックバンド、Bon Jovi。

その活動暦は30年を超え、ポップミュージック界における立ち位置も不動のものとなっている。

まさに深海魚シーラカンスのような生きる化石。

彼ら自身の存在を家にたとえた新曲がこのThis House Is Not For Saleだ。

 

いかにもアメリカらしい男臭さ全開のギターサウンドは健在。

もはやバンドサウンド、ギターサウンドが古くなってしまった現代のシーンにおいても、ブレずに根強い人気を集めている。

 

ちなみに俺は古い音楽もけっこう好きなので、このMVに漂う古いアメリカの「カッコ良さ」を眺めているのも楽しい。笑

スポンサーリンク

This House Is Not For Saleの音源と歌詞はここから

1.この4枚の壁が物語を伝えよう
ああ
扉は蝶番から外れてしまっているから
うまくはいかないかも知れないけど

1: 4枚の壁はメンバーそれぞれを表している。過去にはメンバー脱退も経験しており、バンドがここまで来るまでの道のりは決して平坦なものではなかった。

 

外に出れば空は真っ暗で ストリートは燃えている
窓は割れていて 逃げる場所もない
2.わかってる でもこの家は売り物じゃないんだ

2: 家=Bon Jovi自身を誇りに思っているという意味。

 

3.この手でひとつずつ石を積み上げて 釘を打ってきた
この家は売り物なんかじゃない
いろんな思い出が生きている 夢を諦めたときも
この家は売り物なんかじゃない
さあ家に帰ろう 帰ろう

3: 自らの手でBon Joviというバンドを作り上げてきたという意味。

 

4.俺のトゲを大地にねじ込んで この主張を打ち込む
ああ
泥の上に立つんだ
そしてヤツらがそこに俺の墓を掘る

4: Bon Joviという家は彼ら自身の魂でできている。

 

この壁を打ち立てた それはこの血の中に
振り返る時間なんてねえ 世界は扉の向こうに
この心 この魂 この家は売り物なんかじゃない

 

この手でひとつずつ石を積み上げて 釘を打ってきた
この家は売り物なんかじゃない
いろんな思い出が生きている 夢を諦めたときも
この家は売り物なんかじゃない
さあ家に帰ろう 帰ろう

 

この家は信頼の上に成り立ってるんだ
それは今までずっとそうだったし 今でもそう
鉄球でも壊すことができない
この家は高い場所にある大地に建てられたんだ

 

この手でひとつずつ石を積み上げて 釘を打ってきた
この家は売り物なんかじゃない
いろんな思い出が生きている 夢を諦めたときも
この家は売り物なんかじゃない
さあ家に帰ろう 帰ろう

 

さあ家に帰ろう 帰ろう
(この家は売り物なんかじゃない)
さあ家に帰ろう 帰ろう
(この家は売り物なんかじゃない)

スポンサーリンク

どうしても刺激が足りない君へ

shutterstock_171842696

ちなみに、筆者が良い音で音楽を聴きたいときに絶対に欠かすことのできない「あるモノ」がある。

壊れそうなほど強烈な快感と圧倒的なエクスタシーを感じてBon Joviでイキたいなら、やっぱりこれしかない。

ちなみにSONGTREEで紹介している楽曲はすべてApple Musicで聴くことができます。

スポンサーリンク

ちなみに筆者はこんな人

ユーリ

ブログの他にもいろいろやってるインターネット活動家

Instagram
┗最終的にすっぽんをさらけ出すことを目標に更新中

Twitter
┗こっそり更新情報など流してます

YouTube
┗カバー動画などアップしてます

 

スポンサーリンク

Bon Jovi – This House Is Not For Sale 歌詞を和訳してみた
LINEで送る
Pocket